体制について

フルーツガーデンさかいイメージ

医療医療

病状が安定し、診察と簡単な検査、投薬であれば、併設の飾西さかいクリニックで対応します。救急や詳しい検査、入院や在宅診療などは、「フルーツガーデンさかい」の運営母体である酒井病院(二次救急指定病院・在宅療養支援病院)がすぐ近くにありますので、ご利用いただけます。参考までに酒井病院が現在行っている在宅診療と訪問看護の受け入れは次のようになっています。 「フルーツガーデンさかい」の入居者さんも、ケースバイケースで、これに準じて対応していきます。
医療機関や訪問看護と連携を取りながら対応させていただいています。
“飾西さかいクリニック”には、透析ベッドが20床あります。透析治療に20年以上の実績がある2名の透析専門医や、泌尿器科専門医などが対応しています。現在さかいグループで230余名の透析患者さんが治療を受けています。シャント造設術などの手術実績は、5年で627件となっています。“飾西さかいクリニック”の診療日・診療時間は、現在のところ透析治療を行っている“月・水・金曜日のPM 1:00〜PM5:00”の間で、外来診察も行っています。酒井病院を受診される場合は、無料で送迎させていただきます。他の専門病院を受診する場合は、ご家族と相談の上、介護タクシーや訪問介護など介護保険を利用することもできます。「フルーツガーデンさかい」の自室での看取りも可能です。延命を望むか望まないかは、入居時に同意書をいただいておりますので、その意志に従い、在宅医療担当医師と訪問看護師で行います。「入院が必要な状態でも、延命を望まず自室で最期を迎えたい、、、」という思いを持たれている方も、酒井病院は在宅療養支援病院に指定されておりますので、ご安心ください。途中、ご本人やご家族が入院を希望された場合には、優先して酒井病院で対応することも可能です。

看護看護

“訪問看護ステーションさかい”には、訪問看護(24時間365日対応)・訪問リハビリがあり、訪問看護師、理学療法士、作業療法士等が所属し活動しています。
■訪問看護
上記(1.医療)の表に準じて、訪問看護師による24時間365日対応できる体制を整えています。日常生活において何らかの看護が必要な方でも、訪問診療や訪問看護をご利用いただきながら、「フルーツガーデンさかい」への入居が可能です。死亡時や緊急時の対応については、入居時にいただくその同意書に基づいて相談の上、対応いたします。
■訪問リハビリ
理学療法士や作業療法士等が自宅に訪問し、医師の指示のもと、個々の身体の状態に合ったリハビリを行います。住み慣れた環境の中でリハビリを行うことができ、より安楽な生活を送っていただくための支援を行っています。

介護介護

■訪問介護
“ヘルパーステーションさかい”には、約30名の訪問介護員や登録ヘルパーが所属し、24時間対応しております。
身体介護(入浴介助・外出介助・身体清拭・排泄介助・更衣介助・食事介助・通院介助)や、生活援助(調理・買い物・洗濯・掃除・受薬)など、日常生活に必要な支援をさせていただきます。
■デイサービスセンター
エレベーターを降りると、1階に“デイサービスセンターさかい”(定員70名)があり、現在多くの方が利用されています。送迎は無料で、介護度5の方も利用でき、年中無休です。個別レクを中心に、カラオケ、ゲーム、習いごと、入浴(介助)のほか、ボランティアによるレクリエーションなども楽しんでいただいています。
■小規模多機能ホーム
「フルーツガーデンさかい」と棟続きの“小規模多機能ホームさかい”には、泊まり・通い・訪問サービスがあり、認知症の方も安心してご利用いただけます。顔なじみのスタッフが担当することで、親密なサービスを提供することができます。介護度5の方も利用されています。ご家族が介護に疲れたり、遠方に用事ができた場合などに、泊まりを利用していただくこともできます。 また、入居中に認知症を発症した場合でも、併設の小規模多機能ホームで対応することができます。
■居宅介護支援事業所
“居宅介護支援事業所さかい”には、ケアマネージャー8名が所属しています。一人暮らしの方や体の不自由な方の介護保険の申請の代行を行います。ご自宅や入院先までお伺いし、利用者さんやご家族にサービスの内容・種類・利用料などを説明します。また、ケアプランの作成を行い、サービスの利用の申込みを行います。各事業所と連携を取り、利用者さんに合った支援を行っています。
医療機関や訪問看護と連携を取りながら対応させていただいています。
看護師復帰支援制度
地域連携室
職員採用情報 酒井病院